blueblack

悪魔との100日

99日目―絶望(中編)―

沙羅に遊ばれるように抱かれて、蛍は何度も電撃を喰らう。梓と重ねられて交互に恥肉を抉られて、その上敵への口淫も強制される。段々と、自分が何をやっているのかわからなくなってきて、蛍は追い詰められていく。
悪魔との100日

99日目―絶望(前編)―

一週間もの間、媚毒風呂に入れられて、蛍の体は完全に壊れた。わずかな刺激で果てそうになる体、寸止めで溜められた熱をそのままに、最後の仕上げが始まる。
悪魔との100日

93日目―沈む(後編)―

妹への口淫を強制されて、蛍はしぶしぶ舌を伸ばす。助けるはずの妹に責めを与えて、段々と自分の目的がわからなくなってくる。
悪魔との100日

93日目―沈む(中編)―

気絶するまで体を火照らされて、今日もアイリーンがやってくる。心が折れるまで、もう少しかなと思いながら。
悪魔との100日

93日目―沈む(前編)―

休みはない。深夜にやってきたアイリーンの奴隷たちによって、蛍は媚毒の風呂に沈められ……。
悪魔との100日

92日目―望まぬ再会(後編)―

野茨梓は、壊れていた。ただ従順に従うだけになった梓からの責めを受けて、一縷の望みを切られた蛍は絶望に泣いて、快楽に鳴く。
悪魔との100日

92日目―望まぬ再会(中編)―

犬のように歩かされ、連れてこられたのは何度目かの牢屋だった。天井から吊られ、蛍はさらなる辱めを受ける。
悪魔との100日

92日目―望まぬ再会(前編)―

絶頂を取り上げられてから一週間の焦らし責めを続けられ、蛍は壊れかけていた。
悪魔との100日

86日目―燃えて留まる―

梓と同様、蛍も追い詰められていた。苛烈さを増す寸止め責めは、じわじわと蛍の心を蝕んでいく。
悪魔との100日

86日目―剥奪―

牢に繋がれた梓を壊しに、緻密に計算されたアイリーンの悪意が咲き誇る……。
タイトルとURLをコピーしました